--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-18(Mon)

京都行き その2

前回の記事から、何日もあいてしまった。
だけど気にしない。


前回と同じ理由で、追記に書きます。
読んでくれる奇特な方は↓をクリック。



5月4日

目が覚める。
目の前の風景がいつもと違う。
友人の家に泊まっていたことに気づく。

友人と共に家を出て、まずは喫茶店に行く。
僕はエスプレッソを注文。
彼は、がっつりとモーニングのセットを注文した

その後、2人で北西のほうに移動する。

本日のルートは、南北横断・橋姫ルート。
東方好きの人にわかりやすく言うと、
パルスィの元ネタの人のゆかりの地廻り


貴船
と、いうわけで、まず最初に来たのは貴船神社。
御祭神は高龗神。
水の神様。伊邪那岐神が迦具土神を切り殺した際に生まれた神様。
何が面白いって、火の神を殺して、その血から水の神が生まれた所。
高龗神は日本の代表的な水の神様の一柱。
祈雨の神として、そして心願成就の神としても有名。
あと、丑の刻参りでも有名。
宇治の橋姫は、ここに丑の刻参りに来る。
そこで、鬼になる啓示を受ける。

参拝後、悩める同僚に買って帰ろうと、
縁結びのお守りを買う。
ここの縁結びは、よく効くと評判なので、
同僚にうまいこと恋人が出来る事を祈る。

貴船神社
そういえば、絵馬ってここの発祥だっけ?
少なくとも、看板にはそんなことが書いてある。
まぁ、もともとは、雨を願うときに白馬を、晴れを願うときには黒馬を
それぞれ奉納したのが、金銭的理由等で簡略化されたのが
今日の絵馬と言われているわけだから、
ここが妥当なところだろうけどさ。


山を下る。比叡電車で下る。
そして、京阪電車で京都市内を通って南へ移動。
一度乗り換えて、宇治駅へと向かう。
実は、このときすでに2時半だったのだが
4時に友人といっしょに大阪に行って、
他の友人とも合流して、さらに別の友人のライブを
見に行く予定になっていた。
時間、かなりギリギリ。。。
友人も、よくまあ付き合ってくれたなぁ。


宇治橋
宇治駅到着、宇治橋へ向かう。
ついに来たぜ、宇治橋。
一回来たかったんだぜ、宇治橋。
宇治川
この急流が、人間の災厄も一緒に流してくれるらしい。
なら、俺の変態思考も一緒に流してくれないだろうか。
しかし、俺から変態度を取り除くと、いろいろと残らないので
やっぱりやめておいてもらおう。

橋姫神社
と、いうわけで橋姫神社。
なぜか宇治神社でも宇治上神社でもなく橋姫神社。
ここ、ものすごく小さい。
なんか民家の庭みたいなところに建っている。
友人も「こんなところにあるのかwww」と驚いてた。
この神社の御祭神は、橋姫と住吉神。
ちなみに、橋姫は瀬織津媛のこと。
宇治橋の守るための神社。

そういえば、よく混同されているが、
橋の守り神である、橋姫神社の橋姫と、
嫉妬の鬼である宇治の橋姫は、
全くとは言わないが関係ありません。


この後、参拝終わって、ダッシュで大阪行き。
他の友人と合流、三人で尼崎の方へ行く。
そこで、さらに別の友人のライブを見る。
家に戻ったのは日付が変わる寸前だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

ワタシの友人(京都人)が言っていたこと・・・

曾々ばぁちゃんの話、「こないだの戦争のときは、えらいことやったらしいで~、ぎょうさん弾が飛んできて、人もよ~け(=たくさん)亡くならはったらしい」・・・
後で聞いて、この戦争とは「鳥羽伏見の戦い」だったそうです(地元が、戦地以外は無視・・)

参勤交代のとき「顔を上げて見たけど、目ぇ潰れんかったわー」という、猛者ジィもいたそうです・・

恐るべし、京都人!!
プロフィール

月蝗

Author:月蝗
現実世界の女には興味ない。
二次元に限るぜ。恋愛は。

ちまちまと音楽やってます。

ついったー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
はわわNEWS
Blogpet
クリックすると何か言いだします
RSSリンクの表示
ブロとも一覧
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。